ブラックジャック ヤムイモ

ブラックジャック ヤムイモ

あれから、もう三年です……」 過去の俺はヘルミナさんに頭を撫でられながら、はにかむ

 嬉しかったのだろう

 それは『里帰り』の喜びだけではない

あなたも好きかも:オンラインカジノ 入金不要ボーナス 入金不要ボーナス 最新 オンラインカジノ 入金不要 入金不要ボーナス オンラインカジノ 無料ボーナス 入金不要ボーナス 最新カジノ オンカジ 入金不要ボーナス オンラインカジノ 登録ボーナス オンラインカジノ入金不要 入金不要ボーナス マイナー カジノ 無料 ボーナス
多くの困難を乗り越えて、憧れの人と同じ視線になれたことが嬉しかったのだ

 そして、十分に懐かしさを噛み締めたあと、ずっと用意していた言葉が吐かれていく

「ヘルミナさん

あなたも好きかも:エヴァ 13 パチンコ 甘
どうか、またあなたの下で働かせてください

必ず、役に立ちます

あなたも好きかも:戸越公園 パチンコ
俺は犠牲になった『魔人』たちを、少しでも多く救いたいんです……!」 ファニアでの就職を希望する

 それに領主のヘルミナさんは、力強く頷いて応えた

「歓迎します

……けど、まずはあなたの家を確認すべきではありませんか? 今日みたいに闇に紛れて入ってくるのではなく、家を通じて戻ったほうがいいと私は思いますが……」「ヘルミナさん、もう俺は家に戻るつもりがありません

こんな変わり果てた姿で戻っても、迷惑をかけるだけです

……うちは、特に『魔人』差別の強い家だったので」 俺の家はファニアの有力貴族だ

 当然ながら、『魔人』を実験して、犠牲にしていた側

 いかにファニア領が、カナミやヘルミナさんの力で変わり始めたといえども、その根っこのところは変わらない

 いまさら、嫡男が『魔人』として戻る意味を、ヘルミナさんは一領主として理解しているようで、家に戻ることを無理強いすることはなかった