パチスロ裏物設置店2018

パチスロ裏物設置店2018

だから、おまえと向き合えないでいるだけなんだ

でも、根本は前と何も変わってない

……どんなになっても、おまえが好きなんだ、ってさ

おまえを失くしたくないって、おまえを失くしたら一生後悔するって、あいつ、言ってたんだ

あなたも好きかも:さらば諭吉 スロット
……おまえは覚えてないだろうけど、勇美に捕まって、気を失ってたおまえが屋上から落ち掛けてたの、ずっとあいつがおまえを抱いて止めてたんだぜ? 一歩間違えりゃ、自分も落ちるってのに

あなたも好きかも:ペルソナ カジノ 稼ぎ psp
おまえを離さなかった》 静かに告げる洋一の声がすんなりと耳に入り、優樹はすすり泣いていた息を緩めていく

《あいつも普通の人間だし……間違ったことも……たまにはするかも知れないけどさ、でも、おまえのことを好きなのは、間違いないから

オレが保証する

だから……もうちょっと、待っててやってくれよ

……昔の根暗な自己中流ちゃんに戻るまでさ》 最後、冗談交じりの言葉に、優樹は少し吹き出し笑い、「……う、ん……」と小さく返事をした

ナガレに顔を埋めているから、その声が聞こえたかはわからないが

 雰囲気で悟った洋一は「……もう大丈夫かな」と余裕を醸し出し、《……にしても》と話題を変えた

あなたも好きかも:sdカード スロット バネ
《相川の野郎……

いくら鈍くても、告りゃあパニクるってのわかンだろーが》 再び怒りが再燃し、怒りを露わにするが、優樹は「……グス」と、ナガレの下で鼻をすすった

「……ごめんね……洋ちゃん……心配掛けて……ごめんね……ごめんね……」《んあ

……とにかく、おまえらの状況が知りたかったからな

わかってホッとしたわ、オレも》 苦笑混じりの声に、「……ごめんね……」と優樹は尚も呟いていたが、段々と呼吸が穏やかになり、ナガレを抱いていた腕から力が抜けていく

「……流君……流君じゃ……ない、みたい……」《……、ん?》「……流君……大きく、なって……別人、みたい、で……」《……