パチンコ 無承認変更

パチンコ 無承認変更

情報連携はこのまま維持しておくから弓花はまっすぐダンジョンの入り口で待機して、敵が出てくるのを防いで

私とタツオは分散して臭いを辿りながら散らばったシールドラットを倒そう

あの腹ぺこ状態で外にでも出られたらすごく危ないからね」「分かったわ

任せて」『了解です

母上』 頷くふたりの顔を見ながら、風音がさらに注意を促す

あなたも好きかも:薬院 パチンコ
「それと、さっきも説明したけどあまり派手にやりすぎないようにね

あなたも好きかも:パチンコ 六本木心中
特に弓花」「なぜ、特に私?」 不満げな弓花の言葉に、風音が肩をすくめる

「ダンジョン内も含めてそこらかしこに監視カメラが付いてるみたいだからね

扇のお爺ちゃんが言ってたでしょ

人間にできる範囲で倒せって

どうもこっちの情報はお爺ちゃんところである程度、留めてくれてるらしいから目立つ行動は禁止で

特に弓花」「むー

特にはいらないわよ

分かったわよ

問題ないわよ」『お任せください母上』 ふたりが再度頷くのを見て、風音がウィンドウのマップを開く

周辺の地図やダンジョン内部の構造はすでに記録済みである

そして、それは今では離れていても『情報連携』を通してタツオも確認することが可能であった

「まあ、自分の命優先ではあるけどね