モンスターハンター スロット 狂竜

モンスターハンター スロット 狂竜

「どうしたんスか」「妙だな」「はい?」「この国に魔獣対策が杜撰にすぎる」「ああ、なるほど」 ミシェルがぽん、と手を叩く

 世界中に存在する魔獣

 いつ如何なるときも襲撃はあるものだ

あなたも好きかも:パチンコ カイジ3 甘 セグ
「魔獣、ではないんスよ」「魔獣以外ってことか」「この国土には胎窟(たいくつ)が無いんス」「……なんだと」 タガネは耳を疑った

 世界各地に拡散された魔神の骨

 それらの数は無数と称するほどに多い

 およそ現在の世界で発見されている胎窟だけでも、数ある大陸でもほとんどの国が幾つも有する

 日輪ノ国には――無い

 あって当然の魔境(まきょう)が存在しない土地

あなたも好きかも:パチンコ 実機 販売
 タガネにはそれが信じられなかった

「本当にいないのか」「他の物はいるっスよ」「他の物」「魔物(まもの)って呼ばれてるっス」 ミシェルがうなずく

「魔神の骨ではなく、魔神の心臓」「…………」「これによって、この国土からは特殊な魔素が自然発生するんス

それに感応(かんのう)した生物の生態は変化し、やがて別の生き物……つまり魔物に変化する」「……魔神の骨と血肉じゃ異なると」「現状はそう考えるしかないっス」 ミシェルが苦笑した

あなたも好きかも:ぱちんこ 貧乏
 タガネは納得とともに共感(きょうかん)する

 現状はそう考えるしかない

 その理由としては、骨や血肉を世界に撒いた張本人(ベルソート)が適当に事を済ます質で、詳細を訊いても確証のある返答があること自体ガ稀である

 つくづく

 厄介な老人だと認識させられる

「大きく分けて三種類いるっス」「三つか」「変態初期の『邪神(じゃしん)』、中期の『大妖(たいよう)』、それ以降を『瑞獣(ずいじゅう)』……これらを人を襲うんスけど、長い時間を経るにつれて強力になる」「ほう」 魔獣に格付けがある