めご姫 スロット 熊本

めご姫 スロット 熊本

ファリアがミリュウの行動を拒絶しないから、ミリュウもついつい調子に乗ってしまうのだ

それこそ、セツナがファリアに女神を見出した優しさであり、包容力なのだろう

 そんな慈愛に満ちた女性が、いまはもの凄まじい表情でミリュウを睨んでいた

あなたも好きかも:パチンコ ディーノ
ミリュウを睨んでいるのは、一同の中で、彼女くらいのものだ

黒獣隊に所属するシーラの元侍女たちでさえ、ミリュウを睨みつけてはいない

 それだけで、ファリアがどれほど心配し、不安にかられていたのかがわかるというものだ

(ファリアにくらい、伝えておけばよかったのにね) そうする時間さえ惜しかった、というのもわからないではないが

 ミリュウは、ファリアの心情を考えながら、とりあえず、彼女を安心させるために説明を始めた

あなたも好きかも:ブラックジャック 放送時間
「昨夜のことよ」 その夜、ミリュウは、彼女にしてはめずらしく自室にいた

あなたも好きかも:ディズニー 地下 カジノ
 めずらしいというのも、五月五日の夜以来、就寝時刻が近づくと、彼女は寝間着に着替えてファリアの部屋に向かうのが日課になっていたからだ

五月五日といえば、ミリュウがリヴァイアの知を継承してしまった日であり、セツナの誕生日であり、セツナに頼み事をした日であった

 セツナへの頼み事が、尾を引いていた

 ひとりではとても眠る気になれなかった

だから、五月五日の夜からファリアの寝床に忍び込むようになったのだ

無論、最初は怒られたが、ミリュウが泣きつくと、しょうがないとでもいうように受け入れてくれた

ファリアの優しさには、ミリュウでさえ女神を見出すしかない

 それはともかく、ミリュウは昨夜、自室にいたのだ

 妙な胸騒ぎがした