ガオガイガー パチンコ 設置店

ガオガイガー パチンコ 設置店

エリスさんを1人にすることになってしまうけれど、まだ俺とラウラが残っている

かつて親父が死んだという悲しみを和らげてくれたガルゴニスのように、俺たちが彼女の悲しみを和らげればいい

 きっとそれが、エリスさんへの親孝行になる筈だから

 涙を流し始めたラウラの肩に手を置きながら、俺も首を横に振る

あなたも好きかも:パチンコ 景品 人気ランキング
「ラウラ、ダメだよ

親父はもう死んじゃったんだ」「…………」 ヴィクター・フランケンシュタインも、こんな気持ちを味わったからこそメサイアの天秤やホムンクルスを作り上げてしまったのだろう

 そう思いながら、泣き崩れてしまったラウラを抱きしめる

優しく彼女の頭を撫でていると、ラウラは涙を拭い去ってから親父の顔を見上げた

「………パパ」「なんだ?」「…………エミリアさんによろしくね」「おう」 壁に開いた大穴から入り込んでいた日光が、親父のがっちりした巨体に触れた

あなたも好きかも:オンラインゲーム ソーシャルゲーム
 がっちりとした筋肉で覆われた親父の身体が、ゆっくりと薄れ始める

真っ白な光が脇腹から噴き出したかと思うと、まるで木材を焼き尽くしていく炎のように、どんどん燃え広がっていく

 これから親父は、あの世に帰るのだ

 とっくの昔に死んだ男と別れるのは、結構辛いなぁ………

あなたも好きかも:スロット 販売台数 ランキング
 俺にとって、この親父は本物の父親がどういう存在なのかを教えてくれた男だ

前世の世界でクソ親父に虐げられていたナガトの記憶のせいで、父親という存在は母親と子供を虐げる存在だと思い込んでいたのだから

 涙を拭い去りながら、消えていく親父を見送る

 親父も辛かったのか、涙目になっていた