桂駅 パチンコ

桂駅 パチンコ

「ん? どした?」 その何も問題ないような表情で尋ねてくるリンナに対して、二人は拍子抜けした表情をする

あなたも好きかも:松山 パチスロ 優良店
「あ、あの……それは何を?」「ん? ああ、これか」 フライパンを軽く片寄らせて、中身を見せる

そこには黒焦げた肉があった

「肉好きだろ? 肉!」「あはは……はい」「せっかくリリアの友達が来たんだ、美味しいもん食わせてやりたいじゃないか?」「そ、そうですね……」 そんなに黒焦げたら、駄目なんじゃないかなぁと、思いながらも二人は気を遣って、相槌(あいづち)を打つ

 それで出来た料理が――、「さあ、出来たぞぉ!」 並んでいる料理は、主食のパンに相変わらずのざく切りサラダに野菜スープ

そしてメインには、ほとんどが黒ずんだ肉の塊

あなたも好きかも:スリースター パチスロ
「いやぁ、ちょっと失敗したけど、まあ食えるだろ?」 相変わらず大雑把過ぎるし、レパートリーも少ない

よくリリアはここまで成長できたものだと、生命の神秘や栄養士に問いかけてみたいものが、目の前に広がっている

「……い、頂きます」 口にするその料理の数々は、テルサの料理とは天地の差

 テルサの料理は、レパートリーが豊富で味付けもこの年頃好みの味で舌鼓(したづつみ)を打たせる

あなたも好きかも:パチスロ ライター 河原 みのり
咀嚼(そしゃく)する食感も絶妙で、材料の扱いも完璧

 伊達に寮長を務め、あらゆる生徒の舌を唸らせてはいないと感じていた

 実際、テルサの料理をものにしようと、学ぶ生徒もちらほら見かけるほど

 だが、それに比べてリンナの料理は、ボソボソとしたパンに、適当に切っただけの野菜をちょっとだけ綺麗に盛り付けただけ

 野菜スープも野菜の旨味が出る前に、即席で作ったような薄味に、トドメの黒焦げ肉

 塩、胡椒(こしょう)で味付けすらされてなく、焼いただけの肉

当人は素材をそのまま生かした料理と称するが、素材のまま過ぎる