パチスロ 設置機種

パチスロ 設置機種

……あー……なんか、アレだな》「ん? アレって?」《……会えなかった半年って、長いようで短かった

あなたも好きかも:本川越 駅前 パチンコ
……たった半年だったのに、ちょっと電話しなかっただけなのに……、すごい変化がある、って言うか

それに気付く、って言うか》「……、ヘンカ?」 話しの真意が掴めず怪訝に繰り返すと、《うん……》と反町は返事をして続ける

あなたも好きかも:パチンコ 卒業式
《放課後……ほら、一緒に依頼の片付けをしてても思ってたんだけど……しっかり者になったよなあ、優樹って》 冗談や馬鹿にした気配など一切ない、感心した声色に「……へっ?」と目を見開き、顔を赤くして慌てて頭を振った

「そ、そんなことないよ全然っ……

流君の方がしっかりしてるよっ

お母さんにも、もうずっと言われてるんだからっ

あなたも好きかも:ダイガン
流君を見習えってっ……

うるさいくらいでっ」 それは本当のことで、留学することで立派になるなら留学をするか? とも言われた

それを父の大島に止めてもらった形だ

 しっかり者になんてなった覚えもないし、むしろ洋一たちに迷惑を掛けっぱなしだったこともあって戸惑い認めないでいると、再び、反町が黙ってしまった

 「……あれ? 変なこと言ったかな?」と不安になり、目を泳がせながら「……流君?」とそっと名を呼ぶと、間を置いて、向こう側の気配が動いた音が聞こえた

《……ごめん……》 今までとは違う、悲しげな小声で謝られ、優樹は少し顔をしかめて首を傾げた

「え? ……なに?」《……ずっと、がんばらせて……》 悔いるような力のない声に、優樹はふと表情を消す――

《……そういうのに気付かなくて