パチンコ メガガイア 岩槻

パチンコ メガガイア 岩槻

やはり魔術師として過ごした年月の違いは絶対的なものだなと思いながら康太は肌に感じる風の匂いを嗅いでいた

あなたも好きかも:パチンコ 24時間 名古屋
日曜日なので二回分投稿、そして予約投稿中

今回から七話が始まります

これからもお楽しみいただければ幸いです

夏の匂い

あなたも好きかも:コンコルド 春日井 スロット
康太が風の属性の魔力を感じた時に真っ先に思いついたのは夕暮れ頃にふく風だった

なにせそれ以外に表現のしようがない独特の香りだったのである

もっと正確に言えば夏の夕暮れ時の匂いが近いだろうか

あなたも好きかも:パチンコ 回れば勝てる
湿気と何か別なものが混じっているような独特なにおいだ

康太はこの匂いを別なところで嗅いだことなどなかった

それ以外に表現もできない

だからこそ夏の匂いといったのだ

部活の終わり、丁度夕暮れ時、康太はグラウンドを抜け出して文と一緒に屋上にやってきていた

ここが一番風を感じることができるからでもある

風を感じるなどというと何を中二のような事を言っているのだと思えるかもしれないが、香りからくる感覚のトレースもまた何かしらのコツをつかむきっかけになると思ったのだ

文はその訓練に快く協力してくれた