マクロス3 パチンコ 甘

マクロス3 パチンコ 甘

「あの……

遊ばないですから」「なんで? 退屈そうだし、いいじゃん

遊ぼうよ

バトミントンとかする?」「村の方に行ったらテニスコートとかもあるらしいよ

あなたも好きかも:パチンコ 北斗の拳 慈母
一緒に行こうか? 温泉とかもあるんだって」 尚も笑顔で誘う少年たちのしつこさに、さすがの加奈も怪訝に眉を寄せた

「どうしてそんなに私たちと遊びたいの?」「お友達になりたいからだよ」 にっこり笑顔で答えると、「どうして?」と首を傾げられ、「……え」と、少し言葉を詰まらせた

「そりゃ……、二人ともかわいいし」「かわいいからお友達になりたいの?」「うん

お友達になれたら嬉しいじゃん」「どうして?」「いろいろお話しできるし、ほら、また今度も遊べるし」「あなたたちが言っている話しの、その接点がよくわからない

言っていることがバラバラで、まとまりきってない感じがする

あなたも好きかも:地獄 少女 弐 パチンコ
要約した方が伝わりやすいと思うよ? ここには何しに来たの? お友達を探しに来たの?」 怪訝に眉を寄せて腕を組む加奈に少年たちは引き攣った笑みを浮かべ、優樹は「か、加奈ちゃんすごい……」と、感心しつつキョトンとする

あなたも好きかも:郷ひろみ パチンコ 曲
「――優樹ちゃん?」 聞き慣れた声に顔を上げると、石田がのんびりとやって来るところで、見上げる少年たちに首を傾げ、少し顔をしかめて優樹に目を戻した

「……どうしたの?」 気配からすぐに察しただろうが、そこは場を荒げないよう、まずは冷静に問い掛ける

優樹が少し戸惑い気味に少年たちを窺うと、彼らは彼らで、「なーんだ男付きか」という雰囲気で鼻から息を吐き、それでも笑顔を消さずに、「じゃ、またねー」と、すぐに退散した

その背中を見送り、石田は小さくため息を吐いて腰に手を置き、優樹を見下ろす