スロット ディスクアップ

スロット ディスクアップ

あなたも好きかも:はいふり パチンコ カスタム
「セイ様なー

ちょっと疲労がたまってきてなー

 しばらく大いなる翼で、休みたいと思うんだよー」「……テレビが恋しくなったんだろ……快適な暮らしも」「なんで、ばれたんだ」エスパーでも見るような目つきでセイは驚いてくるが誰にでもわかることだと思う

あなたも好きかも:パチンコ 出球
「まあ、いいと思うぞ

でも、またナホンに来たくなったら すぐに戻って来いよ」「……良かった

セイ様の二つとない優秀な能力が必要だって 言われたらどうしようかと……」「優秀かどうかはわからんけど、今回はよくやってくれたと 思ってるよ」チビチビと舐めるように飲んでいる

飲みすぎると危ないと思うが止まらない

「セイ様な

タカユキ」「なんだよ」「子供が欲しい

あなたも好きかも:ハーバーランド パチンコ
タカユキの子供が」「……」ああ、もうめんどくさい

次の瞬間、俺は残った酒を飲み干して酔っ払った勢いでセイを椅子から床に押し倒していた

「たっ、タカユキ、何のつもりだ……」「子供が欲しいんだろ?なら、今から作ろう」「そ、そうか

そうだな……」セイは受け入れたように全身の力を抜いた

次の瞬間、鈍器で思いっきり頭を殴られたような凄まじい衝撃が後頭部に響き、俺は揺れる景色の中、意識を失う

……気付くと美射が俺の背中からビチャビチャと飛び跳ねる真っ黒な海老のような物体を抜き取っている所だった

抜き取り終わると、美射は動き回るそれの尻尾を右手に握って下向きに垂らして、眺める

同じ海老もどきでも、銀海老のチャーミングさとは比べ物にならないおぞましいグロテスクな化け物である

人面のような平べったい顔面の巨大な真っ赤な両目は見開かれて、俺たちを睨んでいる