パチンコ ビカビカパラダイス 設定

パチンコ ビカビカパラダイス 設定

すると、室内に現れた透き通った家具ごと女性の姿が消える

「チッ……空間の破れを直せる能力者か……」美射は嫌そうな顔で室外へと出ていった

よく分からんが、とりあえずその場に待機するとキドと、セイとペップがガヤガヤと入ってきた

そして、美射が今起こったことを説明し始める

あなたも好きかも:スロット スーパービンゴネオ 歌
説明が終わるとキドが「つまり、この屋敷から通じている 別の世界の屋敷では、向こうから見えた俺たちは 幽霊だと思われてて、メイドが呪文を唱えたら 向こうの世界と遮断されたのか?」「その通りよ

 空間の解れを塞ぐ能力を霊能力と 勘違いしているみたいね」「つまり……空間の通り道は塞がれたのにゃ?」いまいちわかってない顔のペップが首を傾げながら尋ねる

「通り道ってほどじゃないわ

 視認できる程度の歪みよ

まだ 私たちは、あちらへは行けない」キドは軽くため息を吐きながら室内を素早く見回って「……よし、一歩前進した

 次はアグラニウスに行こうか」「大人ね……」キドは微笑みながら「焦っても、仕方ないさ

 菩薩の掌の中だって分かって しかも幽霊もどきの現象までついてきた

あなたも好きかも:フィフティフィフティ ミリオネア
 ここ千年間で、最も進んだ一日だったよ」「……そうね

私は但馬と再会してから 密度が濃すぎる毎日だったから 欲張りになっているのかもしれない……」「おいーなんだーそのシリアスなセリフはー

 ストーキングしすぎて、暇がないだけだろー」セイが呆れながらそう言うとペップがネコミミをピクピクさせながら「んにゃ?エッチなことする感じかにゃ?」美射は真顔で「純愛ですから!エッチ目的じゃありませんから!」ビシッとペップを指さした

「……凄いにゃ

バレバレの自分の嘘を信じ込んでるにゃ……」ペップが唖然として固まる

俺が苦笑いしながら「……次、行きましょうか」キドが頷いて「そうだな

セイちゃん、悪いがペップちゃんと 城に残っていてくれないか? アグラニウスの幻影にこれから向かう」セイは顔を顰めて「おいーあそこかー? 行く意味あるのかー?シーレラントより 酷いところだろ……月面のが千倍マシだぞ……」「ああ、だが、但馬君たちに見せれば また、何か新事実が分かるかもしれない」「……分かったぞ

さっさと帰って来いよー?」「そうしたいところだ」キドはサングラスをクイッと右手ずらしてかけ直すと、部屋からスッと出ていった