わたがし パチンコ 商材

わたがし パチンコ 商材

同時に地形が消え去り、高所から降りたソラヒメ達とキング達、その場に居合わせた全プレイヤーは龍を見上げる形で向き直った

「一先ずステータスだけでも確認はしておこうか」 一旦落ち着く為にもセイヤはステータス画面へと以降し、龍のステータスが全プレイヤーの前に映し出された

『──“地龍”──Lv999』「Lv999の地龍……」「Lv1000にしなかったのは何でだろう」「何となく凄い感じがあるからじゃないかな?」「ハッ、相手にとって不足はねェ……!」 現れたのはLv999の地龍

 Lv2000などを見てきたソラヒメ達にとってはあまり高くないと錯覚するが、最大レベルで700近くのソラヒメ達

あなたも好きかも:ブラックジャック スーパースリム メンソール 1
強敵なのには変わりのない相手だった

「えーと……協力する前に協力して良いかな? キングにクイーンちゃん」「……チッ、どうせズラかる事も出来ねェだろうしな

やるっきゃねェか……!」「そうだね……」 敵対は、第三者の存在によって協力に変わる事もある

あなたも好きかも:パチンコ ワンダー
それは現実でもフィクションでもよくある事

あなたも好きかも:スロット 大分 掲示板
 これ程のレベルのモンスターに加え、戦闘によってSPを消費しているので専用スキルも使えない

一撃で全滅も有り得る存在なので、自分達の為にも協力せざるを得なかった

 ソラヒメ達にとっては都合が良いが、キング達にとっては不本意なものだろう

「ケヒャヒャヒャ! 龍か! 悪くねえ!」「アイツの素材から強い武器とか装備造れちゃったりするんじゃねェのー!?」「キャハハハハ! 良いじゃん! 龍! 龍! 地龍!」「やってやるわよ!」 Lv999の地龍を前にしてもキングの仲間達は気にしておらず、高笑いしながら武器を構えていた

 本当に命知らずの者達

ある意味ではこう言う姿勢も重要なのかもしれない

「取り敢えず、アナタ達と協力する為にも地龍は倒そっか!」「これが終わっても協力する気は湧かねェと思うけどな!」『ゴオォォォ!!』 地震のような鳴き声を出し、複数の岩石を形成する