パチンコ 加古川 ガイア

パチンコ 加古川 ガイア

 最愛の弟子との二年ぶりの再会は、ミリュウにとっても素直に喜ばしいことだったに違いない

「首謀者はおまえか? ルウファ」 セツナがルウファに尋ねたのは、ひとしきりエリナたちとの再会を喜び合った後のことだ

 エリナが師匠であるミリュウや姉のように慕うファリアを含む女性陣と喜びを分かち合う光景を傍らに、セツナはルウファ、エスク、そしてラグナの三人と一緒だった

「首謀者だなんて、そんな人聞きの悪いこといわないでくださいよ」「十分過ぎるほどの悪行だろうが」 庭に置かれた椅子に腰掛けたセツナは、ラグナの胸の重みを頭頂部に感じつつ、ルウファを軽く睨んでいた

「もし万が一にでもこの光景が神々に知られでもしたらどうなると思ってんだ

エリナの人生、めちゃくちゃになるぞ」「心配するのはエリナちゃんだけっすか」「そーだそーだ」 どこか楽しげなエスクとルウファの反応は、わかりきったものではあった

セツナは、そんなふたりの反応を受けて、目を細める

「おまえらは大人だろ

それくらいのこと、理解していないわけないよな」「そりゃあ、まあ」「ま、返す言葉もありませんわな」 ルウファとエスクが互いの顔を見つめ合い、肩を竦めたのは、ふたりがそれなりに責任感を覚えていることの証左だろう

「エリナを子供扱いするのも、よくないことだと想うがのう」「……ああ

あなたも好きかも:マカオ カジノ スロット 遊び方
それもそうだな

いまの発言は俺の認識不足だ

あなたも好きかも:パチンコ 勝ち続ける
撤回する」 ラグナの意見には、セツナも素直に応じるほかなかった

 エリナは、外見のみならず、内面においても健やかに成長していることが、先程までの会話や触れ合いではっきりとわかった