frlg スロット 目押し

frlg スロット 目押し

海とかいらない』 宇宙どころか時空を泳ぐようになったかぁ……

サメすげえな

「なので、ゾンビが苦手な人はここから注意だ

何日もこのゲームを配信するわけじゃないからな

あなたも好きかも:ラジオドラマ ブラックジャック
無理して見続けなくても大丈夫」『優し味』『その気づかい、キュンとなる』『ゾンビは大丈夫』『ホラーは苦手だけどガンシューティングならまあなんとか』『小粋なトークで恐怖を紛らわして?』 さて、注意もうながしたし、雑談はここまでだ

早速、ゲームを始めていくことにしよう

「それじゃあ、インディーズのガンシューティングゲーム、スタート!」」 俺がそう言うと、ヒスイさんがゲームを起動し、SCホームの背景が崩れていく

『スペースコロニー・オブ・ザ・デーッド』 そんなタイトルコールがされ、背景が市街地に変わる

その市街地には天井があり、夕刻を知らせる赤い照明で照らされていた

そして、街の通りに身体がぼろぼろになった人間、ゾンビがうろついている

あなたも好きかも:ダイヤモンド パチンコ 上野
 おそらく、ゾンビアポカリプス後のスペースコロニーだろう

「このタイトルコール、制作者の人がアテレコしたのかな?」 俺がそんなことを言うと、ヒスイさんが否定の言葉を述べた

「いえ、おそらく人工音声ではないでしょうか」「ああ、そうか

あなたも好きかも:ガロ パチンコ ホラー
21世紀でも十分人の声に聞こえる人工音声があったんだから、この時代じゃ完璧な人工音声があるのか」 普段ゲームで触れているNPC達も、人工音声で声を出しているわけだし

 俺は納得して、ゲームを進めることにした

「では、ゲームスタートっと、オプションは任せるよ、ヒスイさん」「お任せください

プレイモードは二人、難易度はノーマルです」 ゲームが開始され、『キャラクター名を音声入力してください』と出たので、「ヨシムネ」と発音して入力する

ヒスイさんも、「ヒスイ」と言って入力を終えていた