攻殻機動隊 sac 2nd gig スロット フリーズ

攻殻機動隊 sac 2nd gig スロット フリーズ

わかりました」ディンファレに突然に"グランドールの説明の話をしろ"と振られて、アルスは激しく瞬きをしながらも、しっかりと請け負った

アルスは一般的に知られて言われている"グランドールの別称"を思い出しながら口にする

「えっと、自分が知っているのは3つ位なんですけれど

英雄なる前のまだ大分若かった頃に"一騎当千のグランドール"

英雄になってからの"大戦の四英雄の1人・大剣のグランドール"

あなたも好きかも:北斗の拳 スロット 新伝説創造 設定6
あと、今一番世間で知られているのは"大農家のグランドール・マクガフィン"だと思います

この3つですね

あなたも好きかも:モンスターハンター スロット 攻撃
もう王都では、誰もが"大農家"といえば、グランドール様の事だとわかる感じですね」アルスがそこまで言うと、アプリコットは"ありがとう"という様子で、教えてくれた少年に向かって頷いた

あなたも好きかも:ベガスの恋に勝つルール
そこにディンファレが一応という気持ちで"追加"を挟む

「貴族社会での呼称も付け加えるとしたら、"夜会嫌いのマクガフィン公爵"でも有名ですね

一応あの方は大戦での活躍で、"公爵"という地位をも賜ってもおいでであられますから

ご本人は貴族になるのは死ぬほど嫌だったと、仰っていたみたいですけれど」アルスの説明に、ディンファレがそう付け加えた

そんな"マクガフィン公爵"の話にアルスが目を丸くする中で、アプリコットが視線を当のグランドールに向けると、丁度横顔が見えた

褐色の顔に、苦笑いを浮かべている

(苦笑いをしているのはディンファレさんの言う事が、概ね当たっているって事かしらね)謳う事をしないのなら、舞を舞いながらも、囃子の中から音を選り分けて、待機しているこちらの話を聴くことも、グランドールは出来てしまえるらしい

("図体がデカイ割りに、グランドールは細やかな魔術や作業が得意だよね")契約の為に共有する記憶の中で、ネェツアークがグランドールをそう評しているのを"発見"したアプリコットは、仮面の下で思わず感嘆の為に眉を上げる

(やっぱり、ただの"優しい大男"ってわけじゃないんだなぁ)ディンファレが言っていた呼称も合わせれば、"グランドール・マクガフィン"という人は表現するだけでも、4つも名前を持つ事にアプリコットは純粋に敬意を抱いた

「流石は、マクガフィン殿といった所なんでしょうね