チョロq パチンコ

チョロq パチンコ

 フローリアの言葉に、エトとフランカが慌てた様子で首を縦に何度も振った

 それを確認したフローリアは、そもそもの経緯から話し始めた

あなたも好きかも:ドラクエ11 スロット 掛け金
 といっても、フローリアから説明することはひとつしかない

 そもそもは、考助の店に立てる人材を求めていたのだから、それを話せばいいだけだ

あなたも好きかも:パチスロ ピラミッド
 問題なのは、雇い主が現人神であるということだけだ

あなたも好きかも:パチンコ 三宮 イベント
 フローリアの話を聞いたエトは、どちらに聞けばいいのかと考助とフローリアを交互に見つつ、最終的にはフローリアを見て聞いた

「その店はどんな物を置くことになるのでしょうか?」「ああ、それはコウスケが作った魔道具だな

・・・・・・ただ、あとからいろいろと増える気もするが」 フローリアは、シルヴィアの顔を思い浮かべながらそう付け加えた

 狐のお宿のことを考えれば、シルヴィアが魔道具屋に品物をおきたがるようになるのは間違いないと考えている

 実際、シルヴィアは既に頭の中で何かおけないかと考え始めているので、そのフローリアの想像は間違っていない

 その想像を振り払ったフローリアは、「とにかく、基本的に置くのは魔道具だと考えてもらえればいい」 聞きようによっては曖昧すぎる言い方だったが、エトが気になったのはそこではなかった

「魔道具・・・・・・残念ながら私たちの専門ではありませんが?」「ああ、それは気にしなくても良い

どうせ最初のうちは、コウスケが値段設定をするはずだからな」 フローリアがそう言いながら考助を見ると、その当人は頷き返した

「そうだね