スロット6号機 最高出玉

スロット6号機 最高出玉

 大書庫――姫琴雪芽が座する場において、その広大とも行く先が見えぬ迷宮とも思える本の森には、圧倒的とも呼べる威圧感よりもむしろ、月明りしか存在しない夜の森、どこからともなく狼の遠吠えが聞こえてきたような不気味さが目立つ

 足を踏み入れるのは二度目だ

こんな不気味な場所、用事でもなければ進んで足を踏み入れようだなんて思わない

あなたも好きかも:燕三条 パチンコ バイト
 ここには原初がある

それを管理している人間がいる――だったら一度くらい見ておこうか

白井にとってその程度の理由であり、それほど興味もなかったが、しかし

 円つみれの魔術を聞いたのは、ここなのだ

「あれ、サミュエル」 相変わらずだ

以前と何も変わらない、やや小柄とも思える女性がスーツ姿で半円形の応接テーブルに陣取り、手元を除けば白紙のページを今まさに埋めようと、見知らぬ文字をペンが自動的に記し続けている

あなたも好きかも:ハトヤ スロット 登戸
 これが止まることはないのを、白井は知っていた

 停止したのならばそれは、世界そのものが停止したか、あるいは雪芽本人が死ぬか、どちらかだ

 魔法師とは、そういうものなのだから

「一歩遅かったね」 遅かった? どうだろうか、そうは思わない

あなたも好きかも:これはゾンビですか スロット 撤去日
「一歩合わせられた――だろうな」「ふうん

で、どうしたの」「円の記録が出ているかどうかの確認だ」「うん、だったらやっぱり一歩遅かったね

さっきサギが一通り目を通して、本棚に戻しちゃったから」「読みにきたわけじゃねえ、確認だけだ