パチンコ ブレイズ

パチンコ ブレイズ

あの邪気が無さ過ぎる、幼い童子のようなアトに直に接して、会話もしたリリィには、彼がそんな危ない武器である"銃"を所持しているとは思えなかった

「それにお兄さんのシュトさんが、そんな危ない武器をアトさんに持たせているなんて、私には考えられません」「リリィ

シュトさんが銃を持っていてもおかしくなくて、アトさんが銃が持っていたらおかしいって思っている理由を教えて貰えるかな?」アルスが落ち着いた声でリリィに尋ねた

あなたも好きかも:長浜 パチンコ イベント
そこでリリィは初めて、自分以外はシュトとアトの兄弟の事情について知らない事を思い出した

あなたも好きかも:スロット マッカチン
「それはですね――」理由を口にしようとした時、お手洗いを済ませて兄のシュトに誉めて貰おうと一生懸命報告する、アトの無邪気な顔が不意にリリィの頭に浮かんだ

あなたも好きかも:水戸 パチンコ オススメ
(私は賢者さま達を信用しているけれど、こう言った誰かが聞いてるかもしれない場所で、アトさんの事を喋ってしまってもいいのかな?)「リリィ、どうしたんだ?」ルイは急に喋るのを止めてしまったリリィを心配している

そんなルイを見て、リリィは改めて喋るべきかどうか考える

(この中の誰だってアトさんの事情を話しても、きっと偏見なんて持たないだろうけれど…、やっぱり――)リリィはこの場で「アトの事情」を喋るのは控える事を決めた

「私はアトさんが、そんな物騒な武器を持っていないと思う理由は、また落ち着いた時に皆さんに必ず話します

だから、それでも良かったら賢者さま

アトさんが銃を持っていると考える理由を教えてください」リリィの言葉を聞いたウサギの賢者は、小さな逆三角形の鼻をヒクヒクっとさせて、誰にも表情が読めなかった

次にウサギの賢者は、シュトとアトになぞらえて置かれていた2本のナイフの横に、それぞれ銃の代わりに置かれていた2本の楊枝の内の1本をフワフワの手に取った

「詳しくはわからないけれど、リリィは銃を凄く危ない武器と考えていて、弟思いのシュト君がアト君にはそう言った危ない物を持たせないと考えている

そんな感じに捉えていると、ワシは考えてもいいのかな?」つまみ上げた楊枝を、短い指でクルクルと回転させながら賢者はリリィに尋ねた