ユニバーサル パチンコ

ユニバーサル パチンコ

 たまにはこうして食事を取るのも悪くない

あなたも好きかも:パチンコ おすすめ 最新
 食べ歩きをしながら他の屋台も見てみる

 すると、小さな子供の集団がポテポテと歩いるのを見つけることができた

 服はぼろく、とても寒そうに見えるが、各々が手に持っている物で屋台の食べ物を購入しようとている

 何を食べようか迷っている様だ

「沢山食べたい……」「じゃあ大きいのにしよう! あの焼き鳥とか大きいよ」「お爺ちゃんやシスターにも持って帰らなきゃ

お爺ちゃんあの大きなお肉食べれるかな?」「多分大丈夫だよ! すみませーん!」 木幕とレミの居た方に、子供たちが走ってくる

 邪魔しては悪いので、少し距離を取ってその様子を眺めていた

 その間に持っていた肉を全て平らげる

 レミはその大きな肉に苦戦している様だ

 すると、罵声が聞こえた

あなたも好きかも:パチスロ アイアンマン
「あっち行けガキども!」「えうっ! お、お金ならあります!」「関係ねぇよスラムのガキが

あなたも好きかも:パチスロ ハナビ ハズレ
お前らに食わせるようなものは用意してねぇ! 分かったらあっち行きやがれ!」「そんな……」 その声はレミにも聞こえた

 だが、その後すぐに背筋にゾクリとした悪寒が走る

 恐る恐るその原因を見てみると、持っていた串を片手で折り、ズカズカと屋台に向かっている木幕の姿が見えた

 もう手遅れだ

「おい」「っ!?」 腹の底に響くような重圧を乗せた声が、焼き鳥屋の店主に放たれる

 その声にびくりと体を震わせ、驚愕の表情をして木幕を見た

 どんな感情を抱いているか分からないが、今はそんなことどうでもいい