パチンコ モーニング 台

パチンコ モーニング 台

(よな?) 自信なげに自問しながら、セツナは光の中から出現した黒き矛を握りしめた

 今度は、竜が目を細める番だった

「ガンディアの本隊が、五方防護陣を突破したそうだ」「やはりか」 オリアン=リバイエンの報告を冷静に聞き入れることができたのは、彼が覚悟していたからだろう

その場にいた彼以外の面々は、一様に驚きを隠せていなかったからだ

唯一、神将セロス=オードだけは、動揺ひとつ見せなかったが

あなたも好きかも:スロット 面白くなくなった
 龍府の壮麗な南門の元に集ったのは、総勢二千人からなる精鋭の龍眼軍である

そのうち、龍眼軍の指揮官である神将セロスと副官、部隊長たちだけが、ミレルバスの周囲に集まっている

あなたも好きかも:パチスロ 巨人の星2
ミレルバスの周囲は、いわば本陣なのだ

堅牢な城壁に護られた首都の中に本陣もなにもあったものではないのだが、気分としてはそういうものがあった

 龍府中に分散していた軍勢を掻き集めてみれば、中々に壮観ではあったが、ガンディア、ルシオン、ミオンの三国混成軍を迎え撃つには、あまりにも戦力が足りなかった

そして、戦力差を補うための守護龍は、オリアンの報告通り突破されてしまったのだ

あなたも好きかも:ジャックイン スロット
部隊長たちの顔が青ざめるのも無理はなかった

 破滅の足音が聞こえる

「ヴリディアの守護龍は黙殺されたか

いかな守護龍といえど、無敵の盾を破壊することはできなかったようだな」 ミレルバスが告げると、オリアンは涼しい顔で肯定してきた

「御明察」 彼の目も声も笑ってはいない

彼が大見得きって召喚した守護龍がこうも簡単に突破されては、彼も立つ瀬がないだろう

オリアンの長年の研究成果なのだ