パチスロ 3号機 裏モノ

パチスロ 3号機 裏モノ

「アイド、ここに来るまでに、おまえの残してきたものを見てきたよ

あなたも好きかも:バカラ バンカー のみ
だから、おまえのことはわかってる」 あれだけわかられたくないと自分は叫んだのに、平然と始祖渦波は上から目線でわかっていると言ってくる

それに自分は呆れながらも――少しだけ懐かしさを感じる

「……なにより、ティティーも言ってたんだ

きっとおまえの中にも、あのお爺ちゃんとお婆ちゃんの心を受け継がれてるってな」「お爺ちゃんと……、お婆ちゃん……?」 その言葉を聞いたとき、少しだけ頭の中が真っ白(・・・)になる

あなたも好きかも:イース1&2 スロット
 言葉はわかる

 祖父と祖母のことを指す言葉だ

 つまりは家族――自分にはいないが、誰にでもいるはずの家族のこと

 自分には、いない……? 本当に? いや、そうじゃなかったような……、自分にも確か……――「ぁ、ああ、また! 先生、先生――!」 自分の祖父母に思いを馳せたところで、隣のルージュが焦った様子で自分の肩に手を置いて、優しく揺らした

あなたも好きかも:zガンダム パチンコ 104
 その自分の肩に置かれた手を見て、真っ白になったはずの頭の中に、懐かしいものが見えてくる

 ああ、そうだ

 あの人の手も、こんな風に赤くて、それで――「だから、あとはルージュちゃんに任せるよ

今回、僕は――敵(かたき)役みたいだからね」 ルージュと向き合う自分を見て、始祖渦波は安堵した様子で笑った

そして、それを最後に始祖渦波は玉座の間を出て、姿を消した