ガンダム スロット 覚醒

ガンダム スロット 覚醒

「ディンファレ?!」走り出そうとするのを、グイッと二の腕を掴まれた事で止められる

次の瞬間には、巨大なロブロウの関所の門は、大地を揺るがす轟きと共に閉じられた

「―――いやあ、我が"孫"ながら、こういった"イタズラ"をする時の演技は見事だな」自分の後頭部にかけられる"称賛"の言葉に、フッと駆け出そうとする力をアプリコットは抜いた

あなたも好きかも:カジノ ハウス
「ええ、何と言っても鬼神グロリオーサ・サンフラワーの盟友にして親友"ピーン・ビネガー"の孫娘

大切な人が傷つかないようにする演技は迫真でしてよ―――"ピーン・ビネガー"の姿を模した、地獄の宰相ベルゼブル、いえ"ベルゼブブ"公」そう言って振り返り、旧領主邸に飾られている肖像画の祖父に瓜2つの姿の地獄の宰相に向かって、貴族の礼をもって恭しく頭を下げた

「"我が領地"を護る為に、この様な見苦しい格好でのご挨拶、お許しくださいませ―――」「アプリコット、御嬢様」かつて、一番、ピーン・ビネガーがピーン・ビネガーらしくあれた頃の 執事、ロックがやって来て頭を下げる

「あら、若いロックはネェツアーク殿の所のアルス君の精悍さには負けるけれど、可愛らしさは勝てるわね」『領主様の弟の様な方で、ビネガー家の執事なのね』語り口も柔らかさも違うのに、彼女の祖母であるカリン・ビネガーと同じ高く優しい、とても可愛らしい声にロックは自分で呼び掛けておきながら、堪えきれないように、脚を止める

あなたも好きかも:スロット 北斗の拳 世紀末救世主伝説 やめどき
「お褒めの言葉、ありがとう、ございます」カリンに言われた時には、軽く緊張しながらも溌剌(はつらつ)と答えた返事を、今は何とか、絞り出すようにそれだけを言ったなら、再び歩き始める

その"少年の姿"を見て、アプリコットは仮面の中で、痛ましい表情を浮かべた

あった事も見たこともない、"執事のロック"の姿の筈なのに、彼がこの領地を護り愛する事を義務付けられた人を支え、存在の証明となる"影"なのだと判る

心なしか、若い執事は傷ついた様な表情を浮かべていた

あなたも好きかも:パチンコ 北斗 の 拳 6 やめ どき
よもや、ここまで来て、もうこの世界にはいないはずの―――絶対に敵わない"主"の親友の話を"聞いて"しまって心を乱しているとは、アプリコットには流石に考えが及ばない

「ロック

判っていると思うけれど、"謝らないで"ちょうだいね

それは、私の領主アプリコット・ビネガーの"矜持(プライド)"が許さない」そう言って、仮面を外したならば、滑らかな素肌の顔のアプリコットの顔を晒けだす

けれど、その顔は少年の執事からしたならば、一番輝かしい時の流れを共に過ごした、姉の様な人物にしか見えなくて、更に悲しそうに口を固く結んだ

その様子に、アプリコットは息を吐き出し―――徐(おもむろ)に、儀式に装束を脱ぎ始めた