神奈川 パチンコ 相模大野

神奈川 パチンコ 相模大野

「よっ、と」 柄をつかんで持ち上げた

 あまりの重さに一瞬だけ悲鳴を上げ、踏み堪えて持ち上げる

あなたも好きかも:ギルクラ スロット 設定
 隣で男が口元を隠して笑っていた

「どうだい」「へ、平気だ……」「火傷の痛みとかは?」「ね、無え……!」「なら、そりゃおまえさんのだな」 ライアスがきょとんとして剣を見る

「いや、荷物だろ」「恐らく魔兵器だろうよ」「魔兵器……え!?」 ルークも慌てて近づいた

あなたも好きかも:Trigger Happy
「いやいやいやいや」「何だい」「魔兵器はアースバルグしか製造不能だと」「世界で作れるのが連中ってだけで、他に入手法が無いとも限らんだろ

冒険者どもが密かに隠してる魔宮の恩恵だ」「た、倒した魔獣が武器になるんですか」「限られたヤツだがな」「どうして、傭兵さんはそれを?」「世界を知り尽くした爺と知り合いでね」 男が嫌そうにつぶやいた

 彼の人脈と情報力にまた感嘆し、ふとルークが目をすがめた

「え、ではこれがリーヴァレイス?」「違うな」「なぜ」「こりゃ、あくまで魔宮の産物だ

……目標(リーヴァレイス)は魔宮の『核』になってんだろうよ

あなたも好きかも:亜人 パチンコ 199 クラシック
魔兵器を落とす魔獣が生成できるほど、魔素を蓄積してるってこった」 男かミラを背負い上げた

 ライアスは手にした魔導剣を見つめる

「でも」「それくらい持て」「えー、荷物だろ」「嫌ならルークに遣れ」「え、くれるんですか!」「それは嫌だ」「何で!?」 四人で大扉の前に立つ

「先刻の魔獣は、ここを守護してたんですね」「なら、この先が――」「開けるぞ」 男が両手を扉について

 踏ん張りながらゆっくり前へと進んだ

 重々しく床を擦りながら開く

 およそ一分を要して

 四人は扉の間隙から奥へと入る

「おお!」「すごいですね」「……あれか」 扉の奥は、台座のある部屋だった