西陣 パチンコ アプリ

西陣 パチンコ アプリ

「ネア、シルハーンが大人しくしている間に、薔薇を渡そうか」「はい!」腰を屈めて、ネアに視線の高さを合わせてくれたウィリアムが空中から取り出したのは、はっとする程に冴え冴えとした白さの薔薇だった

何の色味もない生粋の白は、刃のような美しさだ

ウィリアムの司る死や終焉の容赦のなさとは、きっとこういう清廉な美しさなのだろう

「…………ほゎ」つい気の抜けた声が出てしまい、ネアはその薔薇をそっと受け取る

あなたも好きかも:パチンコ 番長2 甘
他の薔薇のように、気軽に香りを嗅いだり出来ないような気がした

「気に入ってくれたかな?」「……凛としていて、でも少し甘くて、何と言えばいいんでしょう

とびきりの薔薇です!」「そう言って貰えると嬉しいな

あなたも好きかも:カジノ チップ 最高額
こういう愛情を富ませる祝祭は好きだから、形が整ったのを選んできたんだ」「愛情が豊かになると、穏やかな終焉の方が多くなるからでしょうか?」「ああ

愛情の寄り添う静かな終焉はいいものだ

俺はいつも騒がしい方ばかりで、あまり丁寧に見られないのが残念だが」時々、こんなウィリアムのことを、穏やかな振る舞いがあるからこそ、彼程に冷酷な魔物はいないと称する者もいる

飲み会の時にアルテアや、近いところでは先日の会でジーンも言っていたような

しかし、ネアは死とはかくありきと考えるのでさしたる感慨もない

そういうものだけれど、優しい

それがウィリアムなのである

「ウィリアムさん、いつも有難うございます」「ネアらしい薔薇だな

繊細で印象に残る綺麗な薔薇だ

有難う、大切にするよ」こうして目の前で穏やかに微笑んだウィリアムは、ネアが渡した薔薇を嬉しそうに受け取ると、大仰な仕草ではなく自然に花びらに口付けた

見惚れるような絵になる仕草にどきりとし、ネアはこんな風に喜んでくれることの優しさに少し感動してしまった