島田 パチンコ動画

島田 パチンコ動画

 けれどもステラはずっとここで調査を続けているという

他の技術者や考古学者も手伝おうとしたらしいんだけど、大半の資料がステラの母語である古代文字で書かれているせいで全く読む事ができなかったため、彼女は1人で作業をしなければならなかったのである

 必死に調査してくれるのはありがたいんだけど、気分転換も必要なのかもしれない

「なあ、ステラ」「なんですか?」「一緒にダンジョンに行かないか?」「ステラは調査をしなければならないのですが…………」 そう言いながらさっきの古文書を本棚に戻し、木箱に上ってから背伸びしたステラは、小さな手で別の古文書を引っ張り出す

それをテーブルの上に持ってきてから開き、近くに置いてある手帳に古代文字を書き込み始めた

あなたも好きかも:Demon Jack 27
「暴れたいだろ?」 けれどもそう尋ねると、ステラの小さな手はあっさりと止まった

 最近はここで調査をしているせいで、ステラは殆ど魔物の掃討作戦に参加できていない

訓練には参加しているので錬度は問題ないと思うが、急いで天空都市ネイリンゲンの場所を突き止めなければならないというプレッシャーを感じながら調査を続ければすぐにストレスが溜まってしまうのは想像に難くない

「…………ええ」 首を縦に振りながら微笑み、再び手帳に古代文字を書き込むステラ

あなたも好きかも:パチスロ まどか2
俺は彼女を見守りながら、ニヤリと笑うのだった

 凄まじい数の7.62mm弾が、猛烈なマズルフラッシュに一瞬だけ照らされながら解き放たれ、洞窟の奥から襲い掛かってきたアラクネたちの外殻を容赦なく貫いていく

やはり外殻を持っている魔物に有効なのは大口径の弾丸だな、と思いながら、アラクネたちの体液をまき散らされたせいで紫色に染まった岩たちを照らし出すマズルフラッシュを見つめる

あなたも好きかも:ポーカーゲーム 用語
 銃声が反響するせいで、魔物たちの断末魔は全く聞こえない

洞窟の中を支配しているのは銀髪の幼女が無表情でぶっ放している機関銃の銃声と、凄まじい勢いで排出される7.62mmの薬莢の音だけだ

 普段なら14.5mm弾を発射できるように改造したKord重機関銃やガトリング機関砲を使うのだが、今回ステラが使っている機関銃は、テンプル騎士団に配備されている銃の中ではかなり変わった外見をしている

 なんと、銃身とマガジンが2つもあるのである

すらりとした細い銃身の上へとマガジンが伸びており、銃口の近くにはバイポッドが取り付けられているのが見える