モバゲー スロット 無料

モバゲー スロット 無料

だからヴェンツェルは、統括の魔物には、先代の万象の伴侶は蝕で命を落としたという伝承がカルウィの方にあるらしいと伝え、彼の忠告を無駄にはしないようにした

そのままに伝えてしまえば、きっとニケは無事では済まないと、そう考えたのだ

「だが、それを万象の魔物本人に知られるとは思わなかったぞ……………」頭を押さえてそう言えば、髪を覆っていた布を外しながら友人は苦笑した

あなたも好きかも:神楽めあ スロット
「俺もだ

知られているとは思わなかった

…………よく考えたら、俺の前の誰かも俺も、今代の万象は彼女ではないと知って興味を失ったくせに、万象が知れば自分を放ってはおかないだろうと考えるのは、ひどく高慢な考えだったな……………」「無事に済んだからいいものの、お前は人ならざるものに対する、危険意識が足りなさ過ぎるぞ

そのようなものを交渉の道具にすること自体、不敬だという意識はないのか…………」どさりと椅子に座りながら、溜め息交じりの声でそう呟くと、ニケは小さく声を上げて笑った

ヴェンツェルは、おかしな座り方をしたからか巻き込まれたローブを足の下から引っ張り出し、もう一度溜め息を吐く

「意外だな

お前の口から不敬という言葉が聞けるとは思わなかった

鹿角の聖女嫌いのヴェンツェルが、不敬ときたか…………!」「そちらへの嫌悪感は、主にガーウィンと先代の国の歌乞いのせいだな

あなたも好きかも:大学 パチンコ なんj
魔物の方は魔物らしい身勝手さでもあるが、救えないものまで救わんとして綺麗事を並べ、多くの者達が血の滲むような思いで整えた国を踏み荒す女達ではないか……………」「ふむ

お前の女性不信の一端は、聖女様という訳か…………」「言えた立場か?お前も俺も、不実で獰猛な女達からすれば、いい獲物にしか見えないのだろうよ」「はは、違いない

ぞっとする話だが、友には恵まれたのだから、伴侶くらい我慢するさ」向かいの椅子に座り、そう笑ったニケはまるで堪えた様子はなかった

けれどもそう見るのは恐らく彼を知らない者達だけで、ヴェンツェルは、彼が少しだけ怯えているように見えた

「…………私から、弟を通してあの魔物には話をしておく」「…………いや、そちらは問題ない

と言うよりも、お前に伝えておいたところまでは、問題はないんだ