小室哲哉 パチンコ 甘

小室哲哉 パチンコ 甘

 サヤも察している様子で、黙って俺について来る

 極力急ぎ、館の裏手……奥に進むと、木が植樹され、視界を遮られた庭の更に奥、水路の内側の、敷地を囲む垣根に一部分だけ、隙間がある箇所がある

 普段は背の低い鉢植えが置かれ、一見垣根が続いているように見えるよう、加工され、塞がれているのだけど

「サヤ、越えて良いよ」「はいっ」 サヤの跳躍力なら難なく水路を超えられるし、万が一の時は板を渡して橋にすることもできる

あなたも好きかも:ドラクエ 8 カジノ 景品
 サヤは鉢植えをどかして、少しの助走で水路を跳躍する

 狼になった獣人らにもできる芸当だけど、人でできるのはきっと、サヤだけだ

あなたも好きかも:パチスロ メダル 入れ 方
「ウォルテールさん」 着地し、数人集まる彼らの中から、ウォルテールをすぐに見つけた

 慌てる彼は、まだサヤに少々、後ろめたさがあるのだろう

「あっあの……、あの……その……」「元気で

ちゃんと頑張って、みんなと一緒にたくさん勉強してくださいね」 先にサヤがそう言い、ウォルテールの手を握ると……

あなたも好きかも:クイズミリオネア ゲーム
「……うん

あと、ごめん……

 俺ちゃんと、ちゃんとやるから……」 そう言って、泣きそうな顔を無理やり笑顔にした

 その瞳に、サヤに焦がれる熱が見え、俺の胸がチリリと警戒を強めるけれど、彼を信じるのだろう? と、自分に言い聞かせ、それを抑えつける

 ウォルテールを、最後まで信じる

 そう決めて行動したのだから、それを貫かなければ意味が無い

 なのに、やっぱりどうにも拭えない危機感に、俺も大概嫉妬深いよなと我ながら呆れる

 ウォルテールは、もう俺を敵視していない……

彼の中に、俺を警戒する様子はもう見られないのに……