パチンコ 地獄少女3 甘デジ

パチンコ 地獄少女3 甘デジ

***** ──"魔物の国"

『さて、一先ず此処等一帯を焼き払って炙り出すか』 ロキが魔物の国の森に位置する上空にて呟いた瞬間、全身を発火させて一気に周囲を業火が包んだ

 青々と繁った木々は見る見るうちに燃えて朽ち果て、瞬く間にほんのりと樹液の香りがする黒煙が辺りと空を飲み込む

あなたも好きかも:テーブルゲーム バー 大阪
 森からは動物

おそらく主力以外の魔物だろう

そんな魔物達の苦しむ鳴き声が聞こえてくる

だが次第にその声は少なくなり、火の音と木の崩れる音が木霊《こだま》した

『随分と好き勝手やってくれるな

あなたも好きかも:bons casino
悪神ロキ

あなたも好きかも:スロット に
此処が魔物の国の領地であるという事は知り尽くしている筈だ

暫く眠っていたとしてもな』『魔物の国の幹部、無駄と知りながら"世界樹《ユグドラシル》"を齧《かじ》り続ける愚かな蛇ニーズヘッグか

大量に生き物を焼き殺した私の前に現れるなら適性者だな

死んだ魔物共を迎えにでも来たか?』『どうだろうな

少なくとも、お前をこの場で葬り去る理由としては十分だ』 そんなロキの前に現れた者、魔物の国の主力であるニーズヘッグ

現在は本来の蛇ではなく移動と戦闘に長けた黒龍の姿をしており、今すぐにでも戦闘へ移行出来る態勢となっていた

『果たして本当に葬り去れるのか? 魔物の国では下から数えた方が早い主力の癖にな』『フッ、あまり舐めない方が良いぞ

伊達に主力はやっていないからな

以前少年達に敗れ、実力主義のこの国は征服されたが……攻めて来たかつての同盟相手を相手にするのは心苦しいものがあるな』『前の文と後続の文に関連性がないな

だが、その言葉が嘘というのは容易に分かる