パチンコ 基盤 改造

パチンコ 基盤 改造

あなたも好きかも:ドラゴンズ・リアム
普通だったら百点満点なのになーっ

優樹ちゃんは最強過ぎて、流のあの頭でも敵わんっ」 優樹がどれだけ鈍いのか――

今になってよくわかった

 反町の異常に気付くのが遅過ぎる

しかも、「気のせいかもしれない」と来た

これは、確かに最強だ――

 みんなが呆れ気味な視線を送っているとも知らず、優樹は戸惑いながら洋一を窺った

あなたも好きかも:パチンコ 釘がいい店
「何か知ってる? ……知ってたら教えてくれない? じゃないと……いつもの流君らしくなくって……」 心配げに俯く優樹に、「おまえのせいだよ、おまえのっ」と、みんなが目で訴える

どこか蔑むような彼らに洋一は苦笑し、深く息を吐くと、テーブルに肘をついて顎を乗せ目を細めた

「よーし

じゃあ教えてやる」 太々しい態度だが、優樹は顔を上げると「う、うんっ」と真顔で頷いて言葉を待った

「もうすぐバレンタインデーだ

あなたも好きかも:パチンコ 600分の1
その日にチョコをやれ」「わ、わかった

ちゃんと用意するから」 うんうんっ、と、真剣に頷き意気込む優樹に、「おまえが言ってるのは義理チョコだろーがっ」 と、洋一は突っ込み目を据わらせる

 優樹は「……へ?」と目をぱちくりさせて、「何言ってるの?」と疑問符を浮かび上がらせながら軽く首を傾げた