スロット 秘宝伝 太陽を求める者達

スロット 秘宝伝 太陽を求める者達

オーガの群れが黒い石の森に戻っていったってのは本当?」 風音はティアラ、ルイーズ、ギャオとともに席に座り注文を頼んだ

「ニーナにでも聞いたか

マジだよ

少なくともおれっちの鼻は数十体の群れがそっちに向かったって認識してる」 風音はギャオの下半身は信用できないが鼻に関しては一定の信頼を寄せているのでその言葉を素直に受け止める

「だとすれば討伐は終わりってことかな」「昨日からガーラの旦那が確認に行ってる

あなたも好きかも:スロット 一万円 時間
まだ残ってるのがいるかも知れねえけど臨時の討伐依頼は明日明後日には解除されんじゃねえの?」 ギャオは若干残念そうに言った

あなたも好きかも:パチンコ 政治家
オーガの相手は危険が伴うがギャオの腕ではボーナス付きの美味しい相手でもあった

「昨日、ジローくんたちの匂いがザルツ峠の方に向かってたのはそのためかあ」「なんだよ

あなたも好きかも:パチンコ 理論値
ザルツ峠まで行ったのか?」「近くまではね

魔物一匹合わなくてボウズで終わったよ」「そいつはお気の毒様

オーガが臭いを散らすもんだから他の魔物まで逃げてやがんのさ

おかげでここ数日魔物の被害報告が一件もねえ」「平和なのはいいことなんだけどね」 風音の言葉に「ちげえねえが、そしたら俺ら廃業じゃねえの?」とギャオが返す

「ここらで仕事なくなったらダンジョン潜りでもしたらいいんじゃないの」「それも手なんだけどよぉ

メロウと2人だとな

ダンジョンは最悪4人はいねえと何かあったときに対応できねえっていうしな」 罠や魔物の集団の待ち伏せ、それらにソロや2人程度で対応するのは難しい

かといって数が多すぎても狭い道幅では身動きがとれないし、リスクに対して分配される成果では帳尻が合わないという問題もある