スロット 100万

スロット 100万

「だから言ったじゃないですか

ふたりとも、人の話をまったく聞かないんだから」 斧を設計したノーダインがそう言って嘆いている

あなたも好きかも:スロット 番長 操
 もはや自分が予定していたものとは別物の斧ができていたのだ

それは親方とやすが武器の声に耳を傾けて性能を限界まで引き上げただけあって、見事な完成度であったが、一方で大きな問題も抱えていた

「けど、最高の出来なん……だぜ?」「最高だっていっても、使い手のいねぇ武器なんぞゴミも同然だ……って言ったのヤス大匠様ご自身じゃないですか? なんで自分も暴走してんですか!?」「うるせえ

弓花のオーダーはこいつに宿るゴブリンの武器なんだから良いんだよ

どうせ、武器に宿ってる魔物だ

いっしょに成長してるさ! してるよな?」「多分……」 親方が若干自信なさげに返した

 武器に宿っている召喚体は、武器の進化と共に性能が向上する傾向にある

あなたも好きかも:スロット マクロス f2
つまりは、中に宿るゴブリンゴッドキングも併せて進化しているはずである

「まあ、ユミカもムータンを使いこなしつつある

だから、宿っているキングもちゃんと使いこなせるとは思いますが、今後この斧を使えるヤツが出ますかねえ」「ぶっちゃけ、よほどの相手でないと無理だろうな

うちの皇帝陛下でもどの程度扱えるのか……ってとこだな」「オルディア皇帝陛下ですかい

あなたも好きかも:田中涼子 パチンコ
凄まじい腕の戦士とは聞いてやすがね」 ドワーフ族を中心としたボンゴ帝国の皇帝オルディアは素手でドラゴンを組み伏せたとも言われている男だ

その実力はJINJINと素手でやり合えるほどであった

「それで、その皇帝陛下宛のものは、あのナイフで良いんですかい?」 そう口にした親方の視線の先にあるのは、神聖銀のナイフであった

 弓花の蛇蝎銀が変化した神聖銀を使用したもので、神々の雷炎で焼いて加工したものだ

それは神々の雷炎の力を見せるために、用意された一本だった

「十分すぎるだろう