パチンコ廃止法案

パチンコ廃止法案

噛まなくてもいいんだよ、こら

「なに寝ぼけたこと言ってんのよ……バカアギト……」「寝ぼけたって……お前なぁ

よしよし、いくらでも甘やかしてやるから

まだ時間あるだろ? もうちょっとゆっくり……」 バカアギト! と、ミラは少しだけ語気を荒げて、そしてもう一度首を弱く噛んだ

そこは思いっきり噛むとこじゃないの? え? ど、どうしたんだろう

えっと……昨日……向こうでの昨日は、めっちゃ怒られてガチビビリして帰って

あなたも好きかも:ダルビッシュ パチンコ タバコ
そして家に着くなり緊張の糸が切れて、そのままベッドに入ってご飯も食べずに寝たんだから…………今こっちはめっちゃ早い時間に起きてる筈だよな? だから、こんな早くにこいつが起きてるってことは、なにか不安になる夢を見たんだろうなって思ったんだけど…………「……………………ミラ……? 今……何時…………っ!」 ぐすぐすと耳元で声を殺して泣いているミラの姿に、寝起きでボケーっとしてるとはいえ僕も違和感を覚えた

甘えて来てる時のミラじゃない

あなたも好きかも:華 スロット パイオニア
甘えたいならもっとあざとくぐりぐりと擦り付いてくる筈だ

あなたも好きかも:リゼロ スロット 2月2日
じゃあ……何故……? と、そんな疑問は一瞬で解決した

部屋が明るい

照明球ではない、ランタンでもない

窓から差し込む陽の光が、既に深夜や明朝だなんて時刻は過ぎているんだと教えてくれた