パチンコ ガイア 練馬高野台

パチンコ ガイア 練馬高野台

 闘技場の見た目は前述通りで、ライはその広さからどのような戦闘を行うかイメージしている

「クク……良いじゃねェか……多分普通の山よりも脆いだろうし、力を存分に使える訳じゃなさそうだが……実践的な練習って考えりゃ丁度良い」 ブラックも闘技場を見渡しており、その雰囲気を窺っていた

 何はともあれ、征服が関係無い戦いなので所謂《いわゆる》茶番的なものとして観客を楽しませれば上々だろう

 今のライが思い浮かべる目的にも街の人々の評価を上げておけば上出来だ

あなたも好きかも:mit カジノ
「さっさと戦《や》ろうぜ? 出し物的な奴になりそうだが、テメェとは戦ってみたいと思っていたんだよ」 クッと笑ってライに話すブラック

 実際、ブラックはライの強さを目の前で見た訳ではない

 それでもレヴィアタンを倒したと言うので、ライの持つ実力は理解しているのだ

「そうかい

あなたも好きかも:スロット マックス高山
なら俺も……ギャラリーを楽しませる事に一役買ってやるか……ハリーフの話を聞く限りじゃ昨晩住民の平穏を奪ったのは俺だからな」 ライとブラックはそれだけ話、ゆっくりと歩みを進めて闘技場へ入場する

「「「わああああああ!!」」」 そして、ライとブラックが闘技場入りすると同時に見学している住人達から一段と大きな歓声が上がった

 街の幹部と街を護った立役者が戦うというのだ

血気盛ん魔族でそれを楽しまない者は少ないだろう

あなたも好きかも:パチンコ グレンラガン 演出
 今、ライとブラックは……見世物的な戦闘を行うのだった

***** ──そして、ライとブラックは互いに駆け出した

「オラァ!!」「"剣《セイフ》"!!」 刹那、ライの拳とブラックの剣魔術が激突し、金属音が辺りに響き渡る

 その衝撃で周りを囲んでいた壁は砕け、観客席の方へ瓦礫が飛び散る

「うわあああ!」「逃げろォ!」「此方に来るぞォ!!」 それを見た観客達は慌てふためき、その瓦礫から逃れる為に逃げ惑う

 当然の行動だろう