パチンコ 年

パチンコ 年

 もしそれが無ければ、少なくともうめき声を出すことは避けられなかっただろう

 それほどまでに、ミクのストリープの演奏は、見る者を惹きつけるなにかがあった

あなたも好きかも:スロット バイオハザード5 パニックゾーン
 そのなにか(・・・)がどんなものなのかとトワは考えていたが、それが最初の挨拶のときにミクから感じた惹きつけられる力だと気付いたのは、ミクのストリープの演奏が終わってからのことだった

 演奏を終えたミクは、思いっきりやり切ったという表情でトワを見て来た

あなたも好きかも:年末年始 パチンコ店の営業時間
 トワの心の動揺はひどかったが、そこは一国の王として顔には出さず、にっこりと微笑んだ

「上手にできましたね

これからもいっぱいミクの演奏を聞かせてください」「はいー!」 トワからの評価に、ミクは嬉しそうな笑顔になってストリープを両手で持ち上げた

 ミクなりの嬉しいという表現なのだ

 そのあとは、トワと同じようにミクの演奏を聞いていた他のメンバーが、代わる代わるにミクを褒めていく

 そのたびにミクは喜びを表現していたが、その様子を見ている限りでは、大人たちに褒められて喜ぶ子供でしかなかった

  初めてトワの前で行うストリープの演奏に、全精力を傾けたせいなのか、ミクは全員から褒められて興奮が冷める頃には、うつらうつらとし始めた

あなたも好きかも:ルーレット で 勝つ 方法
 大人たちがストリープについての話をしていたので、「頑張って聞く!」と言い張っていたのだが、結局その場で寝入ってしまった

 ピーチは無理にミクを起こそうとはせずに、そのまま今晩は管理層に泊まらせることに決めた

 管理層のピーチの部屋にあるベッドに寝かせたあとは、大人たちの時間である

 ピーチが戻ってきたのを確認したトワは、早速とばかりにミクの演奏についての話を切り出した

「それで、あれは一体なんなのでしょうか?」 その一言でトワがどれだけ驚いたのかは、そこにいる全員が理解できた

 直球でそう聞いてきたトワに、考助を始めとした面々は、どこか困ったような顔でお互いを見た

 そして、ミクの演奏のことを一番詳しいミアが、一同を代表して答えた