第5人格 ブラックジャック

第5人格 ブラックジャック

それに、俺やレイ、フォンセも普通じゃない

エマはヴァンパイアだけど……純粋なヴァンパイアという意味なら普通だな」「……! 皆様が……普通じゃない……!?」「……」 そんな雰囲気を察したのか、ライは神や魔王、勇者の事を伏せつつ自分たちは全員が普通の存在では無いと告げた

 それを聞いたニュンフェは目を見開き、ライとリヤンを改めて見つめ直す

あなたも好きかも:いなべ 大安 パチンコ
それもその筈

あなたも好きかも:パチンコ エヴァ10 スペック
ニュンフェはリヤンにのみ注目していたのだが、全員が普通では無いと言われてしまえば気になるモノだろう

「けど、それを言うにはまだ早い気がしてな……何時かは教えようと思うけど……今回は普通の人間・魔族じゃないって事だけを覚えていてくれれば良いよ……

悪いな……ニュンフェ」 その反応を見、頭を掻きながら話すライ

 それを話す事で、ニュンフェの疑問を解決しようという考えなのだ

ニュンフェの疑問はリヤンがただ者ではないのでは無いかという事であり、それが証明された

あなたも好きかも:dmm オンラインゲーム ランキング
 リヤンに対し、薄々何かを感じていたニュンフェに向けて放った言葉

 ライの言ったその言葉はからかっているようなモノでは無く、本当に都合が悪いから何とかこの条件で飲んで欲しい、そんな雰囲気だった

「分かりました、ライさん

人や魔族には他人へ明かし難《にく》い事も多くあると思います

それは我々幻獣も同じ

なので、先程言いましたように深くは追及しませんよ」 それを聞いたニュンフェは快諾してくれる

人間・魔族・幻獣・魔物

それら全てに置いて、知識を得てしまったからこそ隠したい秘密の一つや二つ存在するだろう

それを理解しているニュンフェだからこそ、ライの言葉を飲み込んでくれたのだ

「ありがとな