パチンコ フレンド 久喜市

パチンコ フレンド 久喜市

丁字戦法を敢行している敵のビスマルク級戦艦3隻による38cm砲の集中砲火を浴び、後方のアーレイ・バーク級から飛来するトマホークやハープーンの強烈な攻撃で船体に大穴を開けられ、火達磨になっても、テンプル騎士団艦隊の旗艦はまだ戦いを続けていた

 すでに甲板の上にずらりと並んでいた対艦ミサイルのキャニスターはほぼ全てが被弾した際に破壊されてしまっており、ミサイルを迎撃するために用意されたグブカやコールチクたちも何基か破壊されてしまっており、防御力は大きく低下してしまっている

更に浸水も発生しており、テンプル騎士団の保有する戦艦の中では最も巨大なジャック・ド・モレーの船体が、やや右舷へと傾斜しているのが分かる

あなたも好きかも:人工知能 オンラインゲーム
「右舷にハープーン着弾! 更に浸水発生! …………くそ、現在傾斜23度!」「排水急げ! 間に合わんなら左舷に注水する! 火災はどうなっている!?」「はい、同志艦長! 火災の方は鎮火しつつある模様!」 第一砲塔の付近に被弾した38cm砲の砲弾によって発生した火災が鎮火しつつあるという報告を聞いたブルシーロフ艦長は、息を吐きながら帽子をかぶり直した

あなたも好きかも:パチンコ オータ狭山
 テンプル騎士団の目の前に立ち塞がっている3隻のビスマルク級が敢行している丁字戦法は、テンプル騎士団艦隊の反撃によって段々と機能しなくなりつつあった

敵艦隊へと単縦陣で突き進むのではなく、左右へと散開しつつ突き進むことによって真正面へと主砲で砲撃できる戦艦が増えたことにより、丁字戦法を敢行しているビスマルク級へと降り注ぐ砲弾の数が一気に増えたのである

 すでに目の前のビスマルク級たちからは爆炎が吹き上がっていたが、まだ搭載されている主砲は火を噴き続けていた

ここは絶対に通さないと言わんばかりに、立て続けに被弾しても砲撃を続けているのである

 だが―――――――第二砲塔から放たれた徹甲弾たちが、必死に反撃を続けていたビスマルク級のうちの1隻に止めを刺すことになった

 40cm3連装砲から解き放たれた徹甲弾たちが、爆炎で傷だらけの前部甲板を照らし出しながら夜空へと飛翔していく

微かに炎と陽炎を纏いながら疾駆していく砲弾たちは徐々に高度を落としていくと、テンプル騎士団艦隊の目の前に立ち塞がっているビスマルク級のうちの一隻―――――――ビスマルク級三番艦『ルーデンドルフ』だ――――――――の第二砲塔と艦橋へと突き刺さったのだ

あなたも好きかも:スロット ソウルキャリバー 天井恩恵
 分厚い装甲を突き破った砲弾が艦内で起爆し、吸血鬼の乗組員たちを瞬く間に消し飛ばしていく

その爆炎は艦内の隔壁を立て続けに吹き飛ばしながら蹂躙し、主砲の砲身に当店される寸前だった砲弾を誘爆させてしまう

 砲弾が開けた風穴から火柱が吹き上がり、ビスマルクに装備された主砲の砲身から、砲弾ではなく炎の塊が迸る

誘爆した砲弾の爆炎が砲塔の根元を吹き飛ばしたかと思うと、砲塔の下部で発生した爆発が巨大な主砲を一瞬だけ押し上げた

 砲弾に貫かれた艦橋も、大損害を被っていた