ゼーガペイン スロット 設定判別

ゼーガペイン スロット 設定判別

 相変わらず呪われているレベルで間が悪い

 もちろん、ここから冷静に事情を話してもいい

けれど、その時間がティアラさんにはない

ならば、例の《ディスタンスミュート》という魔法で事情を察して貰うか? いや、駄目だ

あなたも好きかも:スロット カイジ3 純増
キリストの隣で僕を睨むラスティアラが、それだけはさせまいと邪魔してくるに決まってる

 キリストはラスティアラが好きだから、当然のように僕よりもラスティアラを贔屓するだろう

当たり前の話だ

 人間関係が、事情の説明を困難にしてしまっている

あなたも好きかも:上石神井 スロット イベント
 とにかく、今日このときこの場だけは、キリストは邪魔過ぎる

 僕は八つ当たりのように、味方の一人に叫ぶ

「ティアラさん! わからなかったのか!? キリストが来てたのが!!」 フーズヤーズの『魔石線(ライン)』を掌握していた彼女なら、キリストの登場に気づけたはずだ

 事前に一言あれば、なんとかする方法はあった

あなたも好きかも:ブラックジャック ピノコ 過去
 それを責めようとするが、少し遠くのティアラさんの様子がおかしかった

「師匠……」 ぽつりと呟き、熱のこもった目でキリストを見つめていた