梁山泊 パチンコ 現在

梁山泊 パチンコ 現在

「けどホント、なんなんでしょうね」 勝則は「うーん……」と、訝しげに視線を上に向けた

「全然普通だったんでしょ? ……オバケって、触れるんですか?」「だーかーらっ、近所の人なのっ」 優樹は「もーっ」と頬を膨らませた

あなたも好きかも:スロット 北斗の拳 転生 天井
「オバケなわけないモンっ!」「で、オバケとどんな話し、したんだ?」 と、白川が愉快げに問い掛けると、優樹はギロッと彼を睨み付けた

「……どうした?」 立花が隣の席の反町に問い掛けた

……どうも今朝から元気がなく、会話もあまりない

そんな彼に、みんなが目を向けた

「なんだよ? 全然メシも手を付けてないし」 少し心配げな視線を受け、反町はゆっくりと複雑そうな顔を上げた

……見たかも知れない」「……は?」「……昨日の夜

あなたも好きかも:リングにかけろ スロット 歌
……見たかも」「……見た、って……」 反町が間を置いて頷くと、「うそっ!?」と、立花以外のみんなが愕然とした表情で少し彼から身を逸らした

まるで厄介者扱いだ

触らぬ神に祟りなし、そんな空気に反町は目を据わらせた

「……なんで離れるわけ?」「い、いや

なんとなく……呪われそうっ!」 怯えて隣の勝則に引っ付く白川にはっきりと言われて、更に目を据わらせる

 立花は平然とした態度で反町を窺った

「で、……どっちだった?」「……

……あっちの木の所に立ってたんだ」と、窓の向こうの森を指差し、その手を下ろした