スロット 前日 回転数

スロット 前日 回転数

 シャドウは飄々としているが、ライの力に気付いている

そしてライはどうでも良い事を告げた

 僅か数メートルは、二人にとってあって無いような距離である

あなたも好きかも:カジノ マカオ スロット
「……!」「……!」 一瞬待って直ぐに駆け出す二人

その衝撃で床は砕けるが、既に何度も砕けているので今更だろう

「オラァ!」「"影の拳(ディッル・カブダ)"!!」 次いでライの拳とシャドウの影から創られた拳がぶつかり合い、轟音を立てて衝撃波を辺りに響かせる

「そらよ!」「"影の手(ディッル・ヤッド)"」 そしてライの足と、シャドウの影から創られた手がぶつかって先程の衝撃波を更に凌駕する勢いで進む

「ほら!」「"影の牙(ディッル・ナーブ)"」 ライは勢いを付けて拳を放ち、シャドウは影を獣の頭のような形に変化させてライへと放つ

あなたも好きかも:パチンコ 屋 売春
 そしてその二つがぶつかり合い、辺りは影で黒く染まる

「あーあ、やる気無くすなあ……俺の攻撃全て効かねえじゃねえかよ……」 そして、何度か攻撃したシャドウはライに向けて苦笑を浮かべながら言葉を発する

 曰く、全ての影を無効にする為やる気か無くなるとの事

 そんなシャドウの言葉を聞いたライは、フッと笑ってシャドウへ言う

「ハッ、何が"やる気を無くす"……だ

アンタ……まだ何か隠してんだろ? その様子を見りゃ分かる

まあさしずめ……その技を使うとこの街全体……いや、この世界が危険かもしれないから……とかだろ? つまり、星を砕くレベルの技って事だ……」 ライが話したのはシャドウのかくし球