愛知 岡崎 パチンコ店

愛知 岡崎 パチンコ店

「なかなか優秀な側近を揃えておいでですね」 クスリと笑ったヒルシュールが護衛騎士を見回してそう言った

「ごきげんよう、ローゼマイン様

あなたも好きかも:スロット ボーダー
わたくし、ローゼマイン様に急ぎのお話がございます

ローゼマイン様のお部屋に伺ってもよろしいでしょうか?」 にこりとした笑みを浮かべているが、視線の強さは変わらない

断るなどできるはずもなく、わたしは頷いた

「えぇ、もちろん構いません」 わたしの了承と同時にリヒャルダとリーゼレータが身を翻して、迎える準備のために部屋へと向かうのが視界の端に映った

そして、この場に残った側仕え見習いのブリュンヒルデは、わたしが立ち上がれるように椅子を動かしてくれる

 リヒャルダとリーゼレータの準備が整うように、わたしはゆっくりと立ち上がり、緊迫した雰囲気が満ちているホールを見回した

「ハルトムートとフィリーネはここで参考書作りの続きをしてちょうだい

それから、護衛騎士は女性だけで良いわ」 優雅に微笑みながら指示を出しているけれど、内心はわけがわからなくてぐるぐるしている

あなたも好きかも:スロットメーカー seventeen モブ 女
 ……なんか怒られる気がする

なんで? わたし、何をした? もしかしたら、昨日、フラウレルムを卒倒させた話だろうか