セブンスダーク ルーレット 確率

セブンスダーク ルーレット 確率

散っていったムジャヒディンの戦士たちを弔うための銃撃だ

 ジナイーダの葬儀が始まる前に、仲間たちと一緒に練習しておいた

使っている銃はいつものAK-12やAN-94ではなく、ムジャヒディンたちに貸していたAK-74をちょっとばかり借りている

「――――――――撃てぇ(アゴーニ)ッ!」 ズドン、と一斉にセミオート射撃の銃声が空へと駆け抜けていく

 リアサイトとフロントサイトの彼方を睨みつけながら、あの前哨基地で救う事ができなかった少女の顔を思い出す

あの時の彼女の顔は血まみれで、絶望的な最期だったのだろうとすぐに察する事ができるほどだった

けれど、棺の中で安らかに眠る今の彼女の顔を見てみると、とてもそんな無残な最期を遂げたとは思えない

あなたも好きかも:ぱちんこ 記録
 あんなに安らかに眠っているのは、イリナたちが仇を取ってくれたからなのだろうか

それともウラルたちが全てを引き継いで歩き続けると宣言したからなのだろうか

あなたも好きかも:パチンコ レトロ台 設置店
「――――――――撃てぇ(アゴーニ)ッ!」 もう一度号令を発し、トリガーを引く

あなたも好きかも:パチスロ 獣王 王者の覚醒 評価
 いつも感じている7.62mm弾の反動(リコイル)と比べれば5.45mm弾の反動はかなり小さい筈なのに、彼女を救う事ができなかったという後悔のせいなのか、全く反動が小さいという感じはしない

むしろ大きくなり、俺の右肩にのしかかってくるような重圧にすら感じてしまう

 彼女は許してくれるだろうか

あんな無残な最期を認めるだろうか

 彼女を弔うための銃声が、少しずつ俺の心を削っていく

心を掠め、風穴を開け、少しずつ崩していくような感覚がする

 苦悩しつつ数回発砲を繰り返した俺たちは、素早くAK-74を下げると、そのまま数歩後ろへと下がって直立を続けた

 今度は、松明を手にしたイリナが一歩前に出る

整列する仲間たちの前に立った彼女は仲間たちに一礼すると、松明を右手に持ったまま、親友が安らかに眠る棺の前まで進んだ